イライラを適切に防止する事によって毎日に平穏を取り戻す

ストレスを溜めないように

イライラを解消するには、ストレスをためないことが大事です。

更年期になるとイライラして精神的に不安定になるのは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少するからといわれています。同時に卵巣機能も低下するため、脳がエストロゲンの分泌を促す指令を出してもエストロゲンは増えないのです。エストロゲンは気持ちを落ち着かせる働きがあります。 そのことからホルモンバランスがくずれ、さらに自律神経のバランスも乱れるのでイライラなどが起こりやすくなるのです。更年期の頃に、仕事や家庭でストレスを感じることが多いと、余計にイライラが増すようです。 ストレスを感じた時の対処法は、朝日を浴びてイライラを解消するのがおすすめです。朝日を浴びるとセロトニンをいう成が分泌されリラックス効果があるといわれています。

更年期の症状を緩和させるには、サプリメントの摂取が効果的です。

更年期のイライラは、ストレスをためないようにすることで改善されていきます。さらに効果をあげるために、食事の摂り方に気を付けながらサプリメントの摂取も併用する方法がおすすめです。 イライラを抑えるには、マグネシウムとイソフラボンの摂取が効果的です。マグネシウムは、海藻やナッツ類に多く含まれています。イソフラボンは、豆腐や納豆などの大豆食品に多く含まれています。マグネシウムやイソフラボンは、健康面でも摂取してほしい食品なので意識して摂るようにします。 また、イソフラボンはエストロゲンと似たような働きをすることから、サプリメントの摂取も効果があります。最近は、そのイソフラボンが体内でエクオールという物質に変換され、更年期の症状の改善に有効であることがわかってきました。そのため、エクオールをサプリメントで補う方法も注目されています。