イライラを適切に防止する事によって毎日に平穏を取り戻す

特有の症状

更年期症状は現代人特有です。

小児期、思春期があるように女性には閉経10年前後のことを更年期と呼ばれる時期を過ごします。そもそも100年以上前には更年期症状というものは存在しませんでした。閉経と寿命がほぼ同じだったからです。しかし今や女性の平均寿命は85歳です。 医学の進歩により更年期から老年期までより充実した人生を送れるようになりました。更年期症状は女性ホルモンの減少により、のぼせやほてりなどイライラなどさまざまな症状が出てくることをいいます。また更年期障害は、これらの症状が日常生活に支障をきたす場合のことをいいます。閉経は50歳前後と言われています。この時期は、夫も責任のある仕事を任せられたり、子供の進学など人生の転機を迎える時期でもあります。個人差がある症状をより軽くする方法を知っておく必要があります。

症状を軽くする方法を見つけましょう。

今は20〜30代でもイライラなどの更年期症状がでる場合があります。卵巣の状態が安定していてもストレスなどの理由から女性ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。更年期症状を軽くする治療法を医師と相談して選ぶことをおすすめします。 最近は、足りなくなったホルモンを補い症状を緩和するホルモン療法がよいとされてきています。また従来からある漢方も効果的です。漢方は副作用がなく長期に使用可能なので、更年期のように長く付き合っていく症状には適しているといえます。また、イライラから来る不眠などがあればカウンセリングも有効です。 最近は、更年期症状は女性特有のものと思われていましたが男性にもあることが話題になっています。男性もイライラの症状があれば、更年期を疑う必要があるかもしれません。