イライラを適切に防止する事によって毎日に平穏を取り戻す

辛いなら原因を知る

耳鳴りの原因として考えられるもの

耳鳴りは、実に日本人の10人に1人が悩んでいる症状です。耳鳴りは、自分にだけに音が聞こえる症状です。他人からはまったく状況が分からないため、苦しみが理解されないことがほとんどです。 耳鳴りになる原因の多くは、ストレスによるものです。ストレスで体の筋肉に負担がかかることで、耳鳴りが起こります。その他の原因としては、耳垢がたまり過ぎて起こる場合、老化、内耳の聴覚細胞の異常が考えられます。 また、耳鳴りは病気の兆候である可能性もあります。たとえば、自律神経失調症、うつ病、高血圧、耳の病気の場合は中耳炎、内耳炎・鼓膜炎が考えられます。特に頭痛と耳鳴りが同時に起きている場合は、大きな病気に繋がる可能性があります。なので、すぐに病院へ行ったほうがいいです。

ストレスによる症状の解消方法

耳鳴りは、主にストレスによって起こると考えられています。ストレスがかかると、体の交感神経が優位になります。その結果、全身の筋肉が緊張してしまうことで、耳鳴りが起きます。なので、耳鳴りを解消するには、こわばった筋肉をほぐすことが大切です。筋肉をほぐすことで体の負担を減らせるので、耳鳴りなどの不調を解消できます。筋肉のほぐしかたは、マッサージを受けたり、ストレッチなどの運動をすると効果的です。 その他の解消方法は、38度から40度くらいのぬるい温度の湯船に浸かる方法もあります。熱いお湯に浸かる事は、副交感神経を高めてくれてリラックス効果があります。自分が気持ちいいと感じる温度にゆっくりと浸かれば、自然と症状が改善されます。